title

ベビーマッサージとは?

ベビーマッサージとは?

赤ちゃんは抱きしめられ、触れられ、親の愛情や温もりをたっぷりと受けることで、愛されていることを実感し、情緒的にも肉体的にも健やかに成長すると言われています。赤ちゃんに触れることで、ママも赤ちゃんに愛しさを感じ、母親としての自覚が促され、日々赤ちゃんの体の変化や成長を感じることが出来るようになります。お母さんの気持ちのゆとりにつながり、育児に対する自信も自然にわいてきます。ベビーマッサージは、お母さんの心と体を癒す行為でもあるのです。

目的

  • 目的1 赤ちゃんの精神の安定と心身の発達を促します
  • 目的2 親子の絆を深め愛し愛される関係が築けます
  • 目的3 赤ちゃんの成長や体の変化が分かるようになります

効果

赤ちゃんへの6つの効果
  • 効果1 五感を刺激して脳の発達を促します
  • 効果2 肌を刺激することで免疫力が高まります
  • 効果3 リンパも血行もよくなり新陳代謝が高まります
  • 効果4 赤ちゃんの運動機能を高めます
  • 効果5 赤ちゃんの内蔵機能を高めます
  • 効果6 深い呼吸で良質な睡眠と成長ホルモンが得られます
ママへの効果
  • 効果1 育児の自信につながります
  • 効果2 血の巡りをよくし体調を整えます

使用するオイルについて

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。皮脂の分泌量が大人の約1/3程度しかなく、乾燥しているため、摩擦によるトラブルは出来るだけ避けたいものです。

オイルを使うメリット
  • 赤ちゃんの肌をマッサージの摩擦から守ります
  • 手の動きが滑らかになり、スムーズにマッサージできます
  • オイルの感触と心地よいタッチが安心感と満足感をもたらします

当スクールでは純度の高いプラチナ配合ホホバオイルを使いマッサージを行っています。

oil

厚生労働省薬務課審査済ロイヤルベビーマッサージPJオイル

赤ちゃんの肌を研究し、不純物を極限まで排除したベビーマッサージ専用のオイルで、人間の皮膚に近く酸化しにくい最高級のホホバオイルと、超微細ナノ化したプラチナを配合して作ってあります。
 *ご希望により当スクールで購入することも可能です。お気軽にお声かけください

マッサージを始める月齢は

ベビーマッサージは、産まれてすぐの赤ちゃんにも効果がありまが、生後1~2ヶ月は、上手に抱っこするのが精いっぱいだと思いますので、2ヶ月すぎあたりから始めていくといいです。
また、小さな赤ちゃんだけのものと誤解されがちですが、マッサージを始めるのに遅すぎるということはありません。
1歳を過ぎていてももちろんOKですよ!
もっと大きくなっても、子どもがいやがらない限り、続けることができます。
また、小さいころからマッサージを受けていると、子どものほうから「お母さん、ここマッサージして」と求めてくることもあるようです。
当スクールで、マッサージを覚えておうちでも赤ちゃんとのまったりした時間にしてもらえたら嬉しいです!

私の息子も未だにマッサージは大好きで、時々目の前でコロンと転がって足を出してくるんですよ(笑)

*当スクールでは、生後2ヶ月〜よちよちあんよくらいの赤ちゃんを対象にしております

マッサージをする環境

  • 大人がTシャツ1枚で過ごせる室温で行います
  • 直接日光や照明、エアコンの風が当たらないようにします